ブログ

1月 09 2018

祝・50年

昨夜、お客様の創立50年家族会に参加してまいりました。オイルショックとリーマンショックを乗り切ったお話を聞くと、歴史を感じます。50年間事業を続けるってすごいことですよね。

家族会は、社員とその家族でいっぱいで、終始和やかで温かな雰囲気に包まれ、随所に「みんなに楽しんでもらいたい」という気持ちがよく伝わる会でした。この会社は、「社員を大切に、ともに成長する」というしっかりとした企業理念の下で経営をされているので、これからもずっと愛されて成長していかれるんだろうなぁと思います。企業理念なんて堅苦しくてとか理想でしょと言われることもあるかもしれませんが、「想い」を「言葉」にして伝え、明確な目標、理想に向かうってとても大切なことだとあらためて思いました!

50周年、おめでとうございます!


0コメント

1月 05 2018

2018年 明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます。しばらくぶりの更新となりました(^_^;)

昨年は仕事を通じたくさんの方に支えられ、多くの経験と知識を得ることが出来ました。これも皆様のお陰と感謝しております。ありがとうございました。

今年は、年始より今後についてじっくり考える時間が取れ、穏やかな気持ちでスタートしています。子供達が成長しいろいろと話せるようになったこと、私のパートナーの一人?もずいぶん成長して私を支えてくれてます。今年は、チームの連携を高め、新しいこと、新しい角度から仕事をしたいと思っています。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

 


0コメント

6月 27 2017

時間は自分でつくる

本当に久しぶりのブログです。

梅雨らしくなり、なんとなくすっきりしませんが、皆様、体調はいかがでしょうか?

私は、相変わらずバタバタとしています。なんだかいろいろな方向から忙しくなってしまって、ここ最近沸騰(~o~)しておりました。2017年が明けて、あっという間に半分過ぎてしまった感じです。あまりにも余裕がなくモヤモヤしていたので、気持ちをリセットをするために4月からヨガに通っています。先生の雰囲気にも惹かれ、身体の硬い私ですが、何とか時間を見つけて週2回は行きたいと思い、6月まではがんばってました。

しかし、6月に入り、2週間も行けず、どんより(-_-;)。久しぶりに先生と入り口でばったり出くわし、「仕事やなんやかんやと忙しくて~(>_<) 」とお伝えしたら、「時間は、自分でつくるもの。いつやるの?今でしょ!」とズバリ!確かに忙しいからと追い詰めていたのは、周りからではなく私自身だったかもしれません。この時間を空けるためどうするかという想像力に欠けていました。想像力が欠けると仕事にも影響するので、時間はつくりたいと思います(*^。^*)

さてさてやらなくちゃ!!!


0コメント

4月 27 2017

両)網膜色素変性症

請求に至った背景 幼少時はこれといった症状はなく、普通に生活できていた。10歳の頃から近視のため眼鏡を使用。40歳頃、ちょっとした段差につまずいたことがあり、それを見ていた妻から眼科に行くようすすめられ、大学病院を受診。そこで初めて網膜色素変性症と診断された。現在両眼の視力はなく光覚のみ。受診状況等証明書が取れるかが問題となりそうだったが、初診の次の廃院した眼科の後を継いだ息子さん(現在、内科、消化器科の医院長先生)がカルテを保存して下さり、証明書にも20年以上前に通院していた病院(初診の病院)の名前もしっかり書かれていたため、すんなりと請求することができた
結果 障害厚生年金 1級が支給されました。

0コメント

4月 27 2017

腺維筋痛症

請求に至った背景 最初は、指が開かず、物が掴めなくなった。その後、膝、太ももの裏が激しく痛むようになり、痛みで眠れなくなるほどだった。時には骨をへし折られるような激しい痛みに襲われた。近所の総合病院を受診するも病名は特定されず、正式に腺維筋痛症と診断されるまで8年以上かかった。痛みによる寝不足でうつ状態となり、精神科にも入院。現在は腺維筋痛症の専門医にかかりながら、仕事をしている。職場では病気を理解してもらい、痛みで出社できない時は、休んでいる
結果 障害厚生年金 受給権発生時 2級、現症 3級が支給されました。

0コメント

4月 27 2017

精神遅滞

請求に至った背景 一度請求するも不支給。生後6ヶ月で発達について指摘されていた。小中は普通学級で過ごすが、勉強にはついていけなかった。高校は軽度の知的障害者が通う学校に進学し、卒業。その後就職するが、指示をされても指示内容が理解できなかった。もともとおとなしい性格ということもあり、わからないことも聞くこともできず、結局は退職。その後何度か就職を試みるが長くは続かなかった。将来を心配したお兄さんより相談。現在は就労支援A型作業所に勤務。複雑なことはできないため、周りの理解があれば何とか就労できる。日常生活においては、自分で判断が難しいため、兄夫婦に頼って生活をしている。療育手帳 B判定
結果 障害基礎年金 2級が支給されました。

0コメント

4月 27 2017

頚椎後縦靭帯骨化症

請求に至った背景 振り向く動作の時、首に痛みが走った。その後、激痛が走り、救急搬送され、頚椎後靭帯骨化症と診断された。手術はしたが、痺れ、痛みが残り、歩行も困難となってきた。就く仕事が限られ、なかなか就職できないため、請求することとなった
結果 障害厚生年金 3級が支給されました。

0コメント

4月 27 2017

両)緑内障

請求に至った背景 2歳の時に急性不良性貧血となり、2年間入院。ステロイド治療をした。その治療の後遺症により緑内障となり、しばらくは眼圧を下げる治療をしていた。白内障にもなりレーザー等の治療。現在は視野も狭く、日常生活に著しく支障を来たしている状態
結果 障害基礎年金 2級が支給されました。

0コメント

4月 27 2017

慢性心不全

請求に至った背景 運輸関係の仕事を40年ほどしてきた。いつもどおり出勤すると、思うように体が動かないため、そのまま病院へ。心筋梗塞と言われ即入院。経皮的冠動脈形成術(PCI)を2回行い2ヵ月半近く休職した。その後5年以上は特に何もなかったが、疲れが取れないように感じ、ふらっと受診すると、その日に即入院となった。冠動脈ステント術、左室形成術、僧帽弁形成術をするが、その後再度心不全を起こし入院。少し動いただけでも息切れするため、絶対安静となった。退職する会社から今後を心配して何とかならないかとの相談が当事務所にあり請求することとなった
結果 障害厚生年金 1級が支給されました。

0コメント

4月 27 2017

多系統萎縮症

請求に至った背景 ふらつくようになったり、呂律が回らないという症状が出てきたため、当時受診していた精神科に相談すると、パーキンソン病ではないか言われた。治療するも、改善せず、専門医を受診すると、小脳の萎縮が見られ、多系統萎縮症と診断された。請求時はふらついてほぼ歩くことが出来ず、外出は車椅子、自宅ではほぼ座っているか寝ているかの状態。
結果 障害厚生年金 2級が支給されました。

0コメント

Next »

メール無料相談はこちらへ

事務所案内

社会保険労務士 二階堂事務所

お電話無料相談はこちらへ (052)265-7263

障害年金専用ダイヤル
受付 9:00-19:00 土日もOK

メール無料相談はこちらへ info@nagoya-shogai.net

事務所案内の詳細へ

事務所所在地

事務所所在地

金山という便利な立地の一角にあります。お勤め帰りなどにお気軽にお立ち寄りください。相談時間についてはご相談ください。

厚生労働省ホームページ

このページの先頭へ