受給事例

脳出血

請求に至った背景 激しい頭痛と全身の虚脱感に襲われ、救急車で運び込まれる。右半身麻痺の後遺症が残ってしまった。その後右半身には求心路遮断性疼痛(常時激しい痛みに襲われる)が出現。 障害年金は痛みについての認定は難しいため、麻痺の上、さらに痛みを伴い動きに制限かかかるという申立てを作成し、無事受給となる。
結果 障害基礎年金2級が支給されました。

info@nagoya-shogai.com フォームからのお問い合わせはこちらから

このページの先頭へ